ガバナンス

ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

CardLinx 協会は、相互運用性の基準を開発し、会員の教育サービスを提供し、業界のコラボレーションのためのフォーラムを確立することにより、カードリンク提供業界を促進する目的で組織された非営利団体です。CardLinx 協会はメンバーの中から理事会を選出し、細則に従って統治される。CardLinx 協会も知的財産権に関する方針を採用しています。

細則を見るにはここをクリック

CARDLINX 協会の細則

デラウェア州の非営利団体、nonstock 株式会社

1.オフィス

主要な事務所。

Cardlinx 協会 (「法人」) の主な事務所は、7西41アベニュー、スイート312、サンマテオ、カリフォルニア94403に位置するものとします。当社の主要な事務所の指定は、取締役会により随時変更される場合があり、その変更は、すべての会員に対して書面による通知により効力を有するものとします。

1.2 他の事務所

また、当社は、デラウェア州の内外に事務所を有し、事業や活動が要求される場合には、業務を行う資格がある場合があり、取締役会は随時指定することができる。

2.定義

2.1 「アフィリエイト」または「関連会社」

「アフィリエイト」または「アフィリエイト」とは、現在または今後のいずれかのエンティティを意味し、これは、によって制御され、共通の制御の下で、または主題当事者を制御します。この定義の目的のために、「コントロール」とは、企業法人の場合、またはその他の事業体の場合には、そのような実体の管理を直接する権限を有する法人の取締役を選出する議決権の 50% 以上を直接的または間接的に制御することを意味する。

2.2 "コード"

「コード」とは、随時修正される、1986の内部収益コードを意味します。

2.3 「DGCL」

DGCL は、米国デラウェア州の一般法人法を意味し、随時修正される場合があります。

2.4 「IPR ポリシー」

「IPR ポリシー」とは、取締役会で採択された企業の知的財産権に関する方針を指し、随時修正するものとします。

2.5 「会員」

「会員」とは、本細則の規定によりそのような分類において会員として資格を有するすべての統治会員及び一般会員に対する一般的な参照をいう。

CardLinx 協会 1 DWT 22559060v4 0050033-001813

1.1

2.6 「会員契約」

「会員契約」とは、本規約における当該期間の各使用の文脈において、当該法人の取締役会により承認され、会員に適用される当該会員契約をいう。

3.メンバーシップ

すべてのメンバーは、これらの細則を遵守し、会社のメンバーになり、残りの条件としてメンバー契約を履行する必要があります。

3.1 メンバーシップのクラス。

会員には, 統治会員と一般会員の2つのクラスがあります。取締役会 (ここでは、個別に「取締役」という) は、いつでものクラスを追加または削除することができます。会員は、該当する会員契約、定款の証明書、本法人の細則、または法律の規定によって明示または認可されている場合を除き、メンバーは、以下によって定められた権利、特権、制限及び条件を有するものとします。取締役会決議一般に、すべての会員に付与される給付金の中には、法人の会員の会議に出席する権利と、取締役会によって承認され得る法人資料へのアクセス権があります。各クラスのメンバーの利点と特権は以下に定義されています。

・会員を統治する者

当法人は、会員と呼ばれる会員のクラスを有するものとする。すべての管理メンバーは、理事会によって承認された形式で、会員契約を履行し、運営メンバーのためにその中に求められる手数料を支払う必要があります。会員契約の履行に続いて、そのような契約が効力を維持する限り、すべての管理メンバーはすべての権利を有し、その中に記載されたすべての義務に従うものとし、IPR ポリシーにおいて、一般的に与えられ、一般的にすべての会員に与えられ、課される。

良好な地位にとどまる (これらの細則の目的のために、メンバーがセクション4.2 の適格性要件を満たしており、その会費の支払いに現在ある) の管理メンバーに特別に与えられた他の利点は、これらの利点である一般的なメンバーに与えられる, さらに:

(1) 取締役会の選任について、第5.4 項に従って1名の取締役の候補者として指名する権利。

(2) 当社のすべてのプレスリリースおよびイベントにおいて管理メンバーとして上場される権利。そして

(3) 当社のウェブサイトにおいて管理メンバーとして上場する権利

CardLinx 協会 DWT 22559060v4 0050033-001813

3.1.2 一般会員。

当法人は、一般会員と呼ばれる会員クラスを有するものとする。すべての一般会員は、理事会によって承認された形式で、会員契約を履行し、会員のためにその中に求められる手数料を支払う必要があります。会員契約の履行に伴い、当該契約が効力を維持する限りにおいて、全ての一般会員は、知的財産権に関する方針においてすべての権利を有し、かつ、すべての会員に対して一般に与えられ、課されるすべての義務に拘束されるものとする。.

3.2 会員資格

法人の会員資格は以下の通りです。 (i) 申請者は、カードにリンクされたオファー業界に参加する能力を有する法人でなければなりません。(ii) 申請者は、認められ、適用される会員契約に合意したように、会社の目的を支持する必要があります。(iii) 申請者は、条約、法律または規則により、これらの細則の条件を遵守することを禁じられてはならない。(iv) 申請者は、該当する会員分類に適用される現在の年会費を支払う必要があります。

3.3 運営会員の入会

会員は、当初、一般会員として入会を認められるものとする。理事会は、一般会員のうち、良好な立場にある者のうちから決議により、その委員を選任しなければならない。いつでも12人以上の運営メンバーは存在しないものとします。取締役会は、会員の身分を、いつでも、いかなる理由においても決議により、一般会員の資格に変更することができる。4.4 項に従って一時停止された管理メンバーは、自動的に一般会員となります。

3.4 手数料と会費。

会員の各クラスによって法人に支払われる年会費は、理事会の決議によって定められ、随時変更されることがあります。最初の会費は、会員契約に定められた条件に従って、会員契約の履行により支払われるものとします。4.9.1 セクションの終了規定に加えて、会費の支払いにおいて延滞しているメンバーは、すべての延滞会費が支払われるまで、会社からの書面による通知により停止されたものとみなす。

3.5 メンバーの数。

管理メンバーの数の制限は、セクション3.3 で提供されるものとします。法人が認めている一般会員の数に制限はありません。

CardLinx 協会 3 DWT 22559060v4 0050033-001813

3.6 会員ロール。

法人は、会員の氏名及び住所、会員の現在の区分、申請者が会員となった日、会員の氏名及び連絡先を含む会員ロールを保持するものとします。組織は、会社の主要な連絡先としての役割を果たし、すべての通信、通知および情報を受け取り、そのような通信、通知、情報を組織内に配布し、投票に提出されたすべての問題に投票します。メンバー。メンバーのメンバーシップの終了または停止は、当該メンバーの終了または停止の日付、およびそのメンバーが中断状態から再開された日付と共に、ロールに記録されるものとします。このようなロールは、会社の主要事務所に保管しなければならない。

企業のメンバーシップは公的な記録の問題です。ただし、メンバーシップの一覧は、販売されたり、第三者が利用できるようにすることはありません。当法人は、会員の同意により提供された住所その他の連絡先情報を利用するものとします。会員の住所又はその他の連絡先情報が変更された場合は、当該法人に更新情報を提供する責任を負うものとします。

3.7 メンバーの責任はありません。

この法人のいかなるメンバーも、会社の債務、負債、または義務について個別に責任を負うものではありません。

3.8 会員の非譲渡

セクション4.9.4 に従い、メンバーは、事務局の過半数の賛成票の書面による記録なしに会員契約を譲渡することは許されず、そのような書面による記録のない主張された譲渡は、ヌルおよび無効となります。

3.9 会員の解約

メンバーのメンバーシップは、以下のいずれかのイベントが発生した時点で終了するものとします。

メンバーシップの更新に失敗し3.9.1。

期日までに会費を支払うことによってメンバーシップを開始または更新しなかった場合 (該当する会員契約に規定されている場合)、そのような終了は、書面による非行通知が個人的に与えられるか、または郵送される30日後に有効となります。そのようなメンバーは、会社の常務取締役によって。メンバーは、延滞の書面による通知の受領後、30日以内に延滞会費の額を支払うことによって、かかる終了を回避することができる。

3.9.2 辞任。

会員から15日以内に書面による通知を受けたとき。明確にするために、撤回の発効日は通知日であり、発効日は撤回日から15日です。辞任した会員は、すでに支払った会費を全て没収するものとする。

CardLinx 協会 4 DWT 22559060v4 0050033-001813

3.9.3 メンバーシップのポリシーまたは義務の違反。

そのような利害のない監督が、問題に関して聞かれる権利を問題のメンバーに提供した後、メンバーがこれらの細則のいかなる資料条項に違反したと判断した場合、すべての利害のない取締役 (以下に定義) の全会一致の投票において、会員の会員契約、または理事会が正式に承認したその他の方針および手続き (セクション4.2 に記載されているようにメンバーの要件を含み、どこでも治すことができなかった) は、利害のない取締役の過半数の裁量により、違反を治すことができます。このセクション4.9.3 の目的のために、「無関心取締役」は、メンバーが解雇のために投票の対象として雇われていない取締役です。

3.9.4 メンバーの解散。

メンバーが解散した場合、2つ以上のメンバー組織が合併された場合、またはメンバーエンティティが別のメンバーエンティティによって取得された場合、結果のエンティティは1つのメンバーシップのみを持つものとします。

3.10 会員の権利

当法人の会員のすべての権利は、本規約における会員の退会により停止するものとします。終了したメンバーは、既に支払われた会費の払い戻しを受けないものとします。

4. 取締役会

4.1 力。

定款の証明書、これらの細則、および DGCL の制限に従い、これらの細則によって規定されている取締役の職務を条件として、すべての企業権限は、その権限によって、またはこの法人は、取締役会によって管理されるものとする。取締役会は、(i) 大統領を含むすべての役員、代理人、従業員、請負業者を選択して削除し、その妥当な補償を修正し、(ii) 役員または代理人が契約を締結することを承認し、権限を付与する権限を有するものとする。この法人を代表するその他の約束(iii) 会社のすべての予算および運営計画を承認すること。(iv) 委員会を作成し、その委員会、役員、代理人に対して責任と権限を任命し、委任すること。

4.2 取締役の資格、選任及び選任、任期4.2.1 資格。

会長は理事とする。会長以外の取締役は、管理メンバーの従業員でなければなりません。理事会には、第5.3 項の規定により必要とされる取締役の最低人数が含まれることを確保するために必要な場合を除き、理事会において1名以上の代表者を務めることはできない。

CardLinx 協会 5 DWT 22559060v4 0050033-001813

4.2.2 最初の取締役会。

最初の取締役会は、参画によって任命されるものとする。最初の理事会は、最初の理事会の最初の会合から6ヶ月以内に開催される第5.4 項に規定されている1回目の選挙の終結まで務めるものとする。

4.2.3 用語。

以下に別段の定めがある場合を除き、取締役の任期は、1年、またはその後継者が選出され、資格を有するものとする。取締役は、任意の数の連続または非連続の用語を提供することができる。第5.4 項に規定する最初の選挙で選出された取締役は、最初の選挙の日時点で、1年分の任期と暦年2013の残り日数を提供するものとする。

4.3 取締役会の構成と規模

取締役会は、最低3名の取締役及び最大13名の取締役で構成されるものとする。

4.4 取締役会の選挙。4.4.1 の選挙時間。

幹事または会長は、運営メンバー (以下「指名の開始」) に通知することにより、指名を開始します:(i) は、取締役の最初の選挙の30日以内に、(ii) の満了前の30日以内に取締役の任期、および (iii) 取締役会に関連する運営メンバーに対して、そのような地位がオープンになったときの地位を定める。

4.4.2 選挙プロセス。

(1) 運営会員は、運営する会員と、管理メンバーの指名された従業員に対して、会長または幹事のうち14日までに任命された書面による通知を提供することにより、理事職の管理メンバーの従業員を指名するものとする。ノミネートの開始日後の日数。

(2) 取締役会は、管理委員が指名した各個人を考慮し、当該個人の選任について投票するものとする。

(3) 理事会が、運営する会員が指名した個人を選任しないことを選択したときは、その委員は、会長又は幹事の選任について別の個人を指名する書面による通知を行うものとする。理事会は、そのような個人を考慮し、指名の30日以内に彼または彼女の選挙に投票するものとする。

4.5 欠員;辞任。

取締役会の欠員は存在する。

CardLinx 協会 6 DWT 22559060v4 0050033-001813

(1) 理事会の代表者となる個人が取締役会から辞任する場合

(2) 取締役の選任時点において、取締役を雇用している監督メンバーによる役員の就業が何らかの理由により終了したとき。

(3) 管理メンバーのメンバーシップが何らかの理由で終了した場合

(4) 本細則に従って理事が削除された場合。または

(5) 取締役の死亡または無能力について

取締役は、会長、幹事又は理事会に書面による通知を行うことにより、退任することができる。

辞任、解雇、死亡、行動不能、または削除された取締役を雇用する管理メンバーは、書記又は会長に対し、30日以内に指名の書面による通知を行うことによって、運営する会員の他の従業員を指名するものとする。取締役の辞任、満了、終了、死亡、無能力、または解任の発効日の後。取締役会は、それ以外の場合は、このセクションの下に存在する空席を埋めることはできません。

他に別段の定めがある場合を除き、取締役は取締役としての資格を有しないものとし、役員の任期が何らかの理由により中止されたときは、直ちにその役員を停止するものとする。取締役会の空席を埋めるために任命された者は、次の取締役の定例選挙まで事務を行う。

理事会上の従業員または代表者がそれぞれ2人以上の管理メンバーを合併した場合、または管理メンバーが別の管理メンバー組織によって取得された場合、存続または取得する管理メンバーは、書面で取締役のうち、幹事または会長が取締役会に留まるものとし、その他の取締役は、買収または合併が終了した時点で、取締役会から直ちに削除される。

4.6 会議の開催

取締役会は、取締役会の過半数をもって行うことができる場所と時間において開催する。会議は、直接、音声、またはビデオ会議の技術によって、または DGCL の下で許可されるその他の手段またはそれらの組み合わせによって保持することができる。

4.6.2 定期的なミーティング。

理事会の定例会議は、会員総会の前に開催されなければならない。

4.6.3 特別会議

取締役会の特別会合は、理事会のメンバーの3分の 1 (1/3)、または、異なる場合には、DGCL の下で特別に認められた者によって、理事会の臨時会議を招集することができる。

CardLinx 協会 7 DWT 22559060v4 0050033-001813

4.6.4 会議の通知。

定款、これらの細則、または法律の規定に別段の定めがない限り、以下の規定は、取締役会のための通知の提供に関するものとする。

(1) 定例会議。会社の会長または幹事は、各取締役に対し、少なくとも7日前に通知するものとする。

(2) 特別な会議。会社の会長または幹事は、各理事に対して少なくとも10日前に通知するものとする。

連絡を受けるための主な手段は、当社の記録に記載されている電子メールアドレスにおいて、各取締役に電子メールを介して行われるものとする。最初の通知から3営業日以内に返信電子メッセージまたは電話によるメッセージ。郵送物 (米国郵政公社、宅配便等を含む) により通知を受けた場合は、当社の記録に記載されている住所において、当該取締役宛のメールに預託された場合には、当該通知を受領したものとみなす。株式会社、送料前払い。個人通知には、電話、ファクシミリ、またはその他の電子的手段による通知も含まれる場合があります。ただし、そのような通知は、随時変更される可能性があるため、DGCL に記載されているすべての受領確認要件に従うものとします。

4.6.5 は会議に同意します。

いずれの会議においても、通報された、またはどこにあっても、取締役会の取引は、コール後に正式に開催された会議において行われるものと同様に有効であるものとし、クォーラムが存在し、会議の前または後のいずれかが存在しない場合 (i) 通知の書面による放棄に署名するか、(ii) そのような会議の開催に同意する署名、または (iii) その分を承認する。抗議をせずに会議に出席する各取締役は、その前またはその開始時に、会議の開催について同意し、その取締役に対する通知の欠如を放棄するものとして決定的にみなされる。そのようなすべての放棄、同意、または承認は、企業記録に提出され、会議の議事録の一部となります。

会議なしでアクションを4.6.6。

理事会の全てのメンバーがそのような行為に対して書面で同意した場合、DGCL の規定の下で理事のいずれかによって行われるべき行動は、会議なしで取られることができる。このような書面による承諾または同意は、理事会の議事録に記載されるものとします。書面による同意によるこのような行為は、当該取締役の満場一致の議決と同じ効力を有するものとする。

CardLinx 協会 8 DWT 22559060v4 0050033-001813

電話またはビデオ会議4.6.7。

理事会は、会議に参加しているすべての取締役およびその他の者が相互に意見を聞くことができる限り、カンファレンスの電話および/またはビデオチャットまたは同様の通信機器を使用して会議に参加することができます。電話または同様の通信機器を利用した会議への参加は、当該会議において本人のプレゼンスを構成するものとする。

取締役会の定足数及び4.6.8

事務局長の過半数は、以下に定めるところにより、事業の取引のための定員会を構成することが必要となる。以下の表は、取締役会の決議事項としての決定に必要な行為または決定の区分および賛成票の数を記載しています。

に投票する事

一般事業、および以下に記載しない事項

役員の選任または解任

設立証明書、細則、会員契約、または IPR 方針の改正

株式会社の解散または合併、または企業の資産の全部または実質的なすべてを別の組織に譲渡すること

メンバーの追加のクラスの付加または削除

理事会の委員会を指定する

管理メンバーの選出

会員の各クラスによって支払われる年会費を修正する

メンバ契約の割当の承認

CardLinx 協会 9 DWT 22559060v4 0050033-001813

必要な肯定投票数

取締役会の定員会の多数決投票

取締役会の定員会の多数決投票

その後、オフィスのすべての取締役の多数決投票

その後、オフィスのすべての取締役の多数決投票

取締役会の定員会の多数決投票

事務所の全取締役の過半数投票

事務所の全取締役の過半数投票

事務所の全取締役の過半数投票

オフィス内の全取締役の3分の2の過半数投票

ポリシー違反によるメンバーシップの終了、または事務局におけるすべての職務執行取締役の過半数投票

自己取引トランザクションの承認

(定員会未満であっても) 事務所のすべての利害のない取締役の多数決

4.6.9 閉会

定員会が出席しているかどうかにかかわらず、取締役の過半数が、別の時間または場所で再び会合するよう取締役会を延期することができる。取締役会が24時間以上延期された場合において、別の時間または場所への閉会の通知は、広告の時点で出席していなかった取締役に対して再スケジュールされた会議の設定時間前に与えられるものとする。journment.

4.6.10 会議の実施。

取締役会は、会長、又はその欠席の場合には、副会長が主宰する。(1) 幹事は、取締役会の幹事として、その他の者の不在において、幹事として他の人を選任するものとする。会議は、そのような規則が定款の証明書、これらの細則、または法の規定と矛盾していない限り、取締役会によって随時承認されるような手続に準拠するものとします。具体的には、取締役会は、ロバートの命令のルール全体またはその一部を採用する必要はありませんが、順序のルールについての手順とアクションをモデル化します。

4.7 補償。

取締役は、その法人による賠償を受けないものとする。

4.8 行為の標準。

取締役は、取締役が、誠意をもって当法人の最善の利益を有していると考えられる方法により、理事会の委員としての職務を含む取締役の職務を行う。合理的な調査を含めて、通常、同様の立場にある思慮深い人物として、類似の状況下で使用する。取締役の職務を遂行するにあたり、取締役は、財務諸表その他の財務データを含む情報、意見、報告または陳述について、それぞれの場合において準備または提示された場合に依拠する権利を有する。

(1) 本会社の役員または従業員のうち、取締役が、提出された事項において信頼性があり、かつ有能であると信ずる者。または

CardLinx 協会 10 DWT 22559060v4 0050033-001813

(2) (3)

4.9

法律顧問、独立会計士またはその他の専門家で、取締役がそのような人物の専門的または専門家の能力の範囲内であると信じる事項または

取締役が務めることのない理事会の委員会は、委員会の指定された権限の範囲内の事項について、取締役が信任を行うと考えている委員会。そのような場合において、取締役は、そのような依拠を生じさせるような状況と知識なしに、その必要性が示された場合、合理的に照会した後、誠意をもって行動する。

自己取引トランザクション。

このセクションで使用されるように、「自己取引契約」とは、本法人と1つ以上の取締役の間、または本法人と任意の法人、会社または協会との間の任意の契約または取引 (i) であり、取締役のうちの1人以上または契約または取引が提案された時点で、またはその後、1つまたは複数のメンバーが採用されているか、またはこの法人と法人、会社または協会との間にある (ii) の各取締役の知識当社の取締役または従業員又はコンサルタントのうち、本法人の取締役 (以下、総称して「利害関係会社」という。DGCL に従い、自己取引契約は、当該取締役 (s) または法人、会社または協会が当事者であるか、またはそのような関心のある取締役が取締役会または委員会の会議に出席しているため、無効または voidable にならないものとします。次の場合、自己取引契約の承認、承認、または批准を行います。

(1) 取締役会または委員会の承認関係役員の関連または関心についての重要な事実および自己取引契約については、取締役会または委員会に開示されているか、または、誠意をもって取締役会または委員会が自己の取引を承認する利害のない取締役が定足数未満であるにもかかわらず、利害のない取締役の3分の2の賛成票 (2/3) による契約。または

(2) 自己取引契約は、取締役会またはその委員会によって、承認、承認、または批准された時点で、企業にとって公正である。

4.10 経費のための進歩。

当社の取締役または役員が、当該取締役又は役員の法人へのサービスの結果として、訴訟・訴訟等の当事者となる場合には、当該取締役が被った合理的な費用を支払うか、又は払戻しを行う。その行為の最終的な処分、訴訟、または DGCL によって許容される最大限の範囲に進む前に、役員は本契約の日付に存在するか、または今後改正される。

4.1 1 委員会。

取締役会は、その後、取締役会の過半数の議決により、1つまたは複数の委員会を選任することができ、各委員は1名以上の取締役で構成することができる。理事会は、1名以上の取締役を任意の委員会の代替メンバーとして指名することができ、委員会の任意の会議において欠席または失格のメンバーを交代することができる。

CardLinx 協会 11 DWT 22559060v4 0050033-001813

4.11.1 の力。

理事会または本細則の決議において提供される範囲において、取締役会の任意の委員は、当社の事業及び事務の運営において、取締役会の権限及び権限を全て有するものとすることができる。、そのような委員会は、以下に関して取締役会の権限または権限を有するものでないことを規定する。

(1) 定款証明書、または本細則の改正

(2) 合併または統合に関する合意の採択

(3) 法人を溶解し、又はその法人の財産及び資産を実質的にすべて売却、リース又は交換すること。または

(4) 新株の発行又は所有権及び合併証明書の交付の許可

4.11.2 委員会会議。

委員会は定例会議を開催する。いずれかの委員会の会議の注意及びそのガバナンスについては、委員会を設置する取締役会の決議に従うものとする。実際的には、ロバートの秩序規則は、会議の実施の指針として使用されるものとする。

5.役員

5.1 役員。

法人の必要な役員は、会長、副会長、会計、幹事とする。当社は、取締役会において随時決定されるような肩書きを有するその他の役員を有することができる。会長を除くすべての役員は、管理メンバーの従業員または代表者とする。1人は2つ以上の事務所を持つことができますが、一人の個人が2人以上の役員の承認を必要とする法人の行為を認可することはできません。理事会は、決議により、会社の役員に適用される支出制限、経費方針およびその他の該当する政策を採択することができる。

5.2 選挙。

この法人の役員は、本第7項に従って理事会により選任されるものとし、各役員は、1年の任期で、又は辞任する又は削除するか、又はその後継者を選出する。エドと適任だ

5.3 削除と退会。5.3.1 除去。

いかなる役員も、その理由の有無にかかわらず、任意の定期的または特別な会議で取締役会によって削除することができます (雇用の任意の契約の下で役員の権利を条件として、もしあれば)。

CardLinx 協会 12 DWT 22559060v4 0050033-001813

5.3.2 辞任

役員は、いつでも、取締役会または本法人の役員に書面で通知することにより、辞任することができます。そのような辞任は、その通知の受領の日またはその後に指定された時点で効力を有するものとし、その中に別段の記載がない限り、そのような辞任の受諾は、それを有効にするために必要ではない。このような辞任は、役員が当事者である契約に基づく法人の権利を害するものではない。

5.4 欠員。

死亡、辞任、削除、失格、またはその他の理由による役員の役職の空席は、その役員の地位に対する通常の任命のための細則に規定された方法で記入するものとする。

5.5 社長.

会長は、この法人の最高経営責任者を務めるものとする。取締役会の管理を条件として、本法人の業務及び業務の統括監督、指揮及び管理を行う。会長は、理事会の会議を主宰しなければならない。会長は、理事会が随時定めるその他の権限及び義務を有する。社長は、このような職務を遂行するにあたって、会長が当該従業員を適切に監督することをもって、当該法人の他の従業員に対して当該業務を委任することができる。

5.6 副大統領

副会長は、会長の不在又は障害において取締役会の議長を務めるものとし、理事会によって随時指名されることができるようなその他の権限及び義務を有するものとする。

5.7 会計。

財務担当者は、資金の受領、預金、および支出に関して、この法人の財務および会計に関する事項を監督するものとします。財務担当者は、理事会によって随時指定されるその他の権限および義務を有するものとする。財務担当者は、そのような職務を遂行する際に会計係がそのような従業員を適切に監督していれば、そのような業務を会社の他の従業員に委任することができます。

5.8 秘書。

長官は、理事会の議事録の完全な記録を保持し、必要または適切であるかもしれないような通知のサービスを行うものとし、この法人の記録の保持を監督し、年次声明を提供するものとする。理事に対して、これらの細則において必要とする。幹事は、理事会によって随時指定され得るその他の権限および義務を有するものとする。

CardLinx 協会 13 DWT 22559060v4 0050033-001813

6.1 会計年度.

6. 一般条項

本法人の会計年度は、毎年1月1日に開始し、12月31日に終了するものとする。

6.2 企業記録の点検

取締役会の議事録や議事録、取締役会の委員会等については、書面による要求があった場合には、当法人の主要事務所において、各会員が合理的な期間において検査を受けることができるものとします。メンバー。このような検査は、本人または代理人または弁護士が行うことができ、請求者の費用で複写および抽出を行う権利を含むものとする。

6.3 小切手、下書き等

本法人に対して発行された負債の金銭、手形、その他の証拠、または譲渡の署名を必要とする本法人が保有または保有するすべての証券について、すべての小切手、下書き、またはその他の請求書が署名またはそのような人または人によって、時にはそのような方法で承認されるものは、理事会によって定められる。

6.4 契約の実行。

取締役会は、いかなる役員、従業員、または代理人に対して契約を締結するか、または本法人の名義で任意の契約を履行または履行することを認可し、かかる権限は一般的または特定の事例に限定することができる。取締役会によって承認されない限り、役員、代理人、または従業員は、本契約または契約によってこの法人を拘束する、またはその信用を誓約する、またはいかなる目的またはいかなる金額でも責任を負わせるための権力または権限を有するものではありません。

6.5 補償。

6.5.1 カバレッジと承認。

(1) 本セクション6.5 の目的のために、「代理人」とは、法人の取締役または役員であるか、または法人の要求に応じているか、または提供された人物を意味します。「手続」とは、民事、刑事、行政、調査のいずれかにかかわらず、脅迫、保留、または完了した行動または手続きを意味します。「費用」には、弁護士費用および補償権を定める費用は含まれません。

(2) 当社は、法律で認められる最大限の範囲内において、当事者であるか、又はその者が法人の代理人であるか、又はそれを理由として、手続の当事者となる恐れのある者を補償する。、そのような手続きに関連して実際に生じた費用、判断、罰金、決済、およびその他の金額に対して。

CardLinx 協会 14 DWT 22559060v4 0050033-001813

(3) 法令に定める場合には、取締役会または会員の判断に基づくことが法律で義務付けられている場合には、代理人が法律に規定する行動基準を満たしていることを決定することができるものとします。、そのような判断を下すことは、そのような身体に対する要求がエージェントから企業によって受け取られた後、妥当な期間内に問題の決定に達するものとします。

6.5.2 排他性と生存。

本細則によって提供される補償は、それらの補償されるが、いかなる契約、合意、利害関係のない取締役の投票の下で、またはその他、彼の公式能力における行動としての権利を有することができるその他の権利とはみなされず、そのような事務所を保持しながら、別の能力で行動し、かつ代理人であることを停止した人に対して継続しなければならないと、そのような人物の後継者、執行、および管理の利益を効力しなければならない。

6.5.3 保険だ

当社は、取締役会が、当該法人の代理人であるか、又は当社の要求により取締役として勤務しているか、または担当していた者に代わって、その裁量により、適切な保険契約を購入し、維持するものとします。、従業員、または他の法人の代理人、パートナーシップ、合弁事業、信託、またはその他の企業。

6.5.4 経費。

手続の確定に要した費用は、当該手続の最終処分に先立って、その特定の場合において取締役会によって承認されたように、そのような返済を行う代理人による事業の受領時に支払うものとする。本項の承認を受けて、最終的に当社が補償されるする権利があると判断した場合を除き、金額

6.6 コーポレートローン、保証、および前払。

この法人は、DGCL の下で明示的に許可されている場合を除き、いかなる取締役または役員の義務を負わず、金銭または財産の貸付を行うことはできません。

6.7 公開点検・開示

当法人は、その3つの直近の毎年恒例の免税組織情報の返還および免除及び決定の手紙の認識のためのそのアプリケーションのコピーを、その主要な事務所での公共の検査のために利用できるものとする。また、法人が有料で公共のサービスや情報を提供する場合において、そのようなサービスまたは情報が連邦政府から無償または少額の費用で入手可能である場合には、かかる可用性は著しく、法人による勧誘または提供において、容易に認識可能な形式で開示されます。

CardLinx 協会 15 DWT 22559060v4 0050033-001813

6.8 政治活動。

法人は、米国の内部収入コードの下で非課税組織としての地位を失う、またはそれ以外の場合に悪影響をもたらすことになる政治的支出またはロビー経費を行わないものとします。

6.9 独占禁止法の遵守

企業の各メンバーは、新しい製品やサービスの開発における競争を促進することを約束しています。各メンバーは、それが様々な事業の他のメンバーと競合する可能性があること、したがって、メンバーとその代表者が適用される州、連邦政府または国際機関に違反しない方法で行動することが不可欠であることをさらに認めます。独占禁止法または規制。したがって、各会員は、本会の趣旨に関連する話題について、議論の範囲を限定することの重要性について、その代表者に対して、適切な法的助言を提供する責任を負う。会社は、そのような議論が公式の会議、非公式の集会、またはそれ以外の時に起こるかどうか。

6.10 責任の制限。

いかなる場合においても、当社は、本規約または当社の知的財産権に関する契約の契約上の性質に関連して、当社の会員または会員に責任を負わないものとし、間接的、偶発的、相手方がそのような損害の可能性を知らされたとしても、損失した利益に対する損害賠償を含むが、結果的、依拠、または特別な損害。各当事者は、相手方および相手方の関係者、従業員、代理人をそのような損害から解放します。

6.11 調停。

締約国は、最初に、これらの細則、またはその違反に起因するか、またはそれらに関連するメンバーと企業との間で、当事者によって、非バインドによって選択される媒介者によって、デラウェア州ウィルミントンの調停を行うことについて、論争または主張を提出することに同意します。国際商工会議所 (ICC) によって選択された ADR 紛争解決サービス。両当事者は、最低30日間の間、誠実に調停することに同意する。このセクションは、IPR ポリシーに起因する、または関連する論争や主張には適用されません。

7. 発効日および修正7.1 発効日

これらの細則は、理事会の採択により直ちに効力を有するものとする。

7.2 修正。

本規約に別段の定めがある場合を除き、本規約および IPR ポリシーは、事務局の過半数の取締役の投票により、変更、修正、廃止されることがあります。前述の条項にかかわらず、本規約の変更、修正、廃止は、電子的手段によって通知される31日目の翌日まで有効であるものとします。

CardLinx 協会 16 DWT 22559060v4 0050033-001813

CardLinx 協会 17 DWT 22559060v4 0050033-001813

閉じる
閉じる